父の日に渡したいギフト

あなたはギフトと聞くと、どんな行事を思い浮かべますか。お中元やお歳暮などの贈り物でしょうか、それとも父の日や母の日に送る品のことでしょうか。例年、ショップをあげて華やかに扱われるのが「母の日」です。

毎年5月の第2日曜日に設定されており、いつもお世話になっているお母さんに、カーネーションなどのプレゼントを渡して、感謝の意を伝える日となっています。母の日ギフトを販売している店頭では、年齢を問わず、みな同じ顔をしている事にお気づきでしょうか。大好きなお母さんに何を送れば喜ばれるのかを考えながら探しているため、みんなとても優しい顔立ちになっているのです。美味しいスイーツでもいいし、上品なエプロンも捨てがたいものです。たまにはオシャレをして欲しいという気持ちをこめて、高級化粧品を送る方もいらっしゃいます。そんな気持ちで探してきたギフトです、お母さんはきっと何をもらっても嬉しいのでしょう。


しかし、そんな華やかな母の日と比べると、毎年6月の第3日曜日に控えている父の日の寂しさはいったい何なのでしょう。心なしか哀愁さえ漂っています。ついつい忘れ去られがちな父の日、そしていつの間にか終わっているのも父の日です。ギフトを選びやすい母の日と違い、父には何を渡せばいいのか検討がつかないのも、閑散としている原因なのかもしれません。

あなたのお父様は、どんなギフトを渡せば喜んでくれのでしょうか。ギフト売り場では、品質の高いネクタイやハンカチなどが前面に押し出されていますが、ネクタイを使わない方も多いのではないでしょうか。甚平やお酒、陶器でできたのぐい呑みなどは無難であり、喜ばれる事が多いでしょう。またメタボが気になるお父様には、中性脂肪を減らしてくれるお茶などが人気を集めています。逆に痩せているお父様には、栄養満点のウナギなどいかがでしょうか。暑い夏に備えてスタミナ補給をしてもらうのです。

それぞれのお父様にあった品を探すのは、大変なことかもしれません。しかし、いつも働いてくれているお父様に感謝の気持ちを添えて送ってみてはいかがでしょう。きっと喜んでくれるはずです。